洗面の標準仕様は住友林業クレスト ・LIXIL ・TOTOの3種類

標準仕様

洗面の標準仕様は住友林業クレスト ・LIXIL ・TOTOの3種類

 

住友林業の標準仕様が気になっている人はいませんか?ハウスメーカーを検討する時は標準仕様が気になります。とくに洗面化粧台は毎日利用する設備です。おしゃれで機能性に優れた洗面化粧台が標準仕様ならば言うことありません。

 

住友林業は、洗面化粧台の標準仕様に大手メーカー3社を用意しています。機能性も抜群です。今回の記事では、住友林業が採用している洗面化粧台の標準仕様について詳しく解説をします。参考にしてください。

 

これが標準仕様?あっと驚く住友林業のバス・トイレの標準設備まとめ
これが標準仕様?あっと驚く住友林業のバス・トイレの標準設備まとめ

  住友林業を検討されている人は標準仕様が気になりませんか?とくにバスやトイレは毎日利用をする設備です。どこのメーカーが標準仕様となっているかが気になります。事前に確認したいと思われるのは当 ...

続きを見る

 

【紹介できます】住友林業で割引きや値引きを受けたい方は必見です

住友林業の洗面の標準仕様

 

住友林業の洗面は次の3社を標準仕様に採用しています。

  1. 住友林業クレスト
  2. LIXIL
  3. TOTO

 

すみ君
住友林業の洗面台はインテリア性と機能性が重視されています。

 

室内空間とのコーディネートも楽しめる標準仕様です。毎日使う洗面化粧台だからこそのこだわりがあります。

 

住友林業クレスト

 

住友林業クレスト

(画像:住友林業カタログより)

 

住友林業クレストは、デザイン性が高いにも関わらずお手入れのしやすい洗面化粧台を用意しています。主な特徴は次のとおりです。

 

主な特徴

  • 継ぎ目がなくお手入れ簡単な「ストリームラインカウンター」
  • 引き出せば手鏡感覚で使える「フェイスミラー付キャビネット」
  • 空間の奥まで利用できる「スライド収納」

 

ストリームラインカウンター

 

 

「ストリームラインカウンター」は、流線的な形状なので掃除もしやすいカウンターボウルです。一体形成で継ぎ目がないのでお手入れが簡単、溝が黒ずむ心配がありません。利用した後サッと拭ける形状です。水はねを最小限にする流線形状なので周囲への水こぼれに配慮しています。見た目と掃除のしやすさを兼ねそろえたカウンターです。

 

フェイスミラー付キャビネット

 

「フェイスミラー付キャビネット」は、簡単に引き出して利用ができます。メイクアップに便利な機能です。鏡の裏には十分な容量のあるキャビネットも付いています。

 

スライド収納

 

洗面化粧台の下の収納は「スライド収納」です。開き扉の収納は奥のものが取り出しにくい欠点があります。住友林業クレストの洗面化粧台は、スライド収納が2段あるので収納力と使いやすさが特徴です。

 

扉デザインカラーは全部で10種類用意されています。カラーの中では、汚れが目立たず落ち着いた雰囲気を演出する「マホガニーアンティーク」がおすすめです。

 

スライド収納

 

りんちゃん
10種類もあるのでテーマに沿って選べます。

 

LIXIL

LIXIL

(画像:住友林業カタログより)

 

 

LIXILは、おしゃれと使いやすさにこだわった洗面化粧台が標準仕様となっています。主な特徴は次のとおりです。

 

主な特徴

  • フルスライドタイプの「ベースキャビネット」
  • 広々とした「スクエアカウンター」
  • おしゃれな「ブラックキャビネット」

 

ベースキャビネット

 

ベースキャビネット

 

「ベースキャビネット」は、フルスライド式の大容量です。住友林業クレストとTOTOは2段式ですが、LIXILは1段を標準仕様としています。この違いが決める時のポイントです。3社ともスライド式なので収納のしやすさは変わりませんが1段と2段、どちらが良いかで悩みます。一概にどちらがおすすめとは言えません。ただ、探し物をしているときは1段の方が便利かもしれませんね。

 

スクエアカウンター

 

「スクエアカウンター」は、片側がゆるやかなカーブを描く形状です。水が排水口へ流れやすく広々としているので使いやすさは抜群です。継ぎ目がない形状なので、お手入れが簡単なのは住友林業クレストと変わりません。

 

ブラックキャビネット

 

木製ミラーの裏には、おしゃれな「ブラックキャビネット」が設置されています。キャビネットは明るい色が一般的で、ブラックは珍しいです。神秘的な雰囲気を与えてくれます。

 

扉デザインカラーは全部で5種類、住友林業クレストよりは少ないですが物足りないというイメージはありません。お手入れのしやすさは住友林業クレストと変わりませんが、キャビネットとデザイン性に違いがあります。1段式のキャビネットが良いという人にはLIXILがおすすめです。

 

ブラックキャビネット

 

TOTO

TOTO

 

(画像:住友林業カタログより)

 

TOTOは、デザイン性と快適機能を両立させた洗面化粧台が標準仕様となっています。主な特徴は次のとおりです。

 

主な特徴

  • 汚れや菌を分解する「きれい除菌水」
  • ひろびろ設計の「すべり台ボウル」
  • 収納力の高い「奥ひろし」

 

きれい除菌水

 

TOTOと言えば「きれい除菌水」です。除菌水とは、水道水に含まれる塩化物イオンを電気分解してつくられる除菌成分を含む水のこと、ヌメリや黄ばみを抑制します。排水口や歯ブラシの汚れや菌を分解してくれる水です。除菌と聞くと「体に影響はないの?」と思われるかもしれませんが、もとは水なので心配ありません。時間が経つと除菌水は水に戻ります。使用後に除菌水を噴射させるだけでいろいろなきれいが維持できる機能です。除菌水が標準仕様なのはTOTOの強みと言えます。

 

すべり台ボウル

 

「すべり台ボウル」は、水が排水口へまっしぐらに流れる設計です。髪の毛などをボウルに残しません。水を使うたびにボウル内をきれいにしてくれます。広々とした設計なので、靴下のしつこい汚れをもみ洗いするときにも便利です。

 

奥ひろし

 

奥ひろし

 

「奥ひろし」は面白いネーミングですが、便利な収納スペースを指しています。収納スペースを最大限に確保する「奥ひろ収納」です。2段式でいろいろなものを収納できます。

 

扉デザインカラーは全部で5種類、LIXILと同じです。明るい色から落ち着いた色まで、好みに合わせて用意されています。

 

扉デザインカラーは全部で5種類

 

3社を比べるとやはり「きれい除菌水」が標準仕様されているTOTOが魅力的です。TOTOの洗面化粧台を標準仕様にしているハウスメーカーは多くあります。しかし「きれい除菌水」を標準仕様にしているハウスメーカーは少ないです。機能性や掃除のしやすさでTOTOが一歩リードをしています。

 

しかし、デザイン性を重視する人は10種類のカラーバリエーションがある住友林業クレストや、おしゃれなブラックキャビネットのLIXILも捨てがたいです。

 

【紹介できます】住友林業で割引きや値引きを受けたい方は必見です

まとめ

 

住友林業の洗面化粧台の標準仕様について解説をしました。

 

ココがポイント

  • 扉のカラーバリエーションが豊富なのは住友林業クレスト
  • キャビネット収納はLIXILのみ1段式
  • TOTOの「きれい除菌水」が標準仕様なのは魅力

 

洗面化粧台は、寝起きで利用することが多い設備です。朝一に使用する場所だからこそデザイン性ときれいの維持にこだわりたいと思います。3社とも優れたデザイン性と機能性を備えているので迷うかもしれません。難しいかもしれませんが住友林業で建てることを決めた人は、今回の記事を参考に選んでみてください。

-標準仕様
-, , ,